明治伊万里 平林伊平の美意識

最近、平林製の花瓶が2点、花伝山房に落ち着いた。でも暫時の滞在にすぎない。

平林製の特徴は伝統と革新の融合である。日本の伝統美を根底に据え、新しく導入された西洋絵の具の使用や、写実的な草花の表現にその成果が表れている。

有田でいの一番にちょんまげを切り、ざんぎり頭になり、長崎や横浜で外人相手に商売を始めている。

明治二十二年、有田町の初代町長に就任して、伊万里港から有田川沿いに運河を通す計画を打ち出すなど革新的な考えを持ち合わせた明治の陶業家であった。

作品の革新性もプロデューサーであった伊平の人格を反映している。

平林家は明治中ごろに廃窯していて、現在有田の札の辻にある商工会議所のあるところが敷地であった。ここにある平林家の石蔵が有田町立の陶磁美術館になっている。

色絵源氏物語図耳付き花瓶.jpg


色絵草花文耳付花瓶 平林製