幻の名窯 真葛香山

青華老松文湯呑 真葛香山製 昭和4年頃 

お問い合わせ

橫濱にあった窯で、初代真葛香山こと宮川香山は帝室技芸員制度が布かれて、初めて任命された我国近代窯業史に燦然と輝く名工です。深海竹治の手帳に宮川香山の住所が記されているので往還があったと推測されます。有田とは人材の交流がありました。香蘭社のデザイン開発にあたった柿沢市郎氏も若き修業時代をここで送っています。この湯呑の題は≪老松≫ですが線描きと云い、濃(だみ)の濃淡と云い、単純な文様だがさすがに真葛が窯物で製作したとはいえ味わい深いものがあります。橫濱の東京日日新聞支局新築落成の記念品として製作されたものである事は高台裏に刻印されいるので分かります。

青華老松文湯呑 真葛香山製
湯呑銘款

 


真葛香山 箱書き