有田焼「生前骨壷」がグランプリを受賞。

≪GS世代研究所≫主催によるシンポジュームのコンペで見事、有田焼「生前骨壷」が最優賞に輝いた。

生前に自分の死生観に対する美意識にかなった骨壷を用意すると云う切り口と、有田焼本来の様式美を

正しく表現したこの蓋付き容器が審査委員に共感を得たのだろうと思う。

何でもありの現在の有田の中で伝統技術を継承していくためには様式美を正しく理解して色々な容器に

応用していかねばなりません。

何処で製作してもいいようなものは最早有田焼ではありません。

用途は違ってもこのようなものが評価されたことは、新たな商品開発にも道が開けることだろう。

 https://www.facebook.com/temotokuyo

DSCF1531.JPG